お片付けQ&A 片付け上手&できる思考

【有料級ワーク紹介】捨てられない!手放せるコツ@NBCラジオ ひるかラ!

2021年9月2日

本日も電話で生放送♫

長崎のパーソナリティ・栗原優美さん
佐賀のかくもとしほさんと😊

「捨てられない」について
お話しさせていただきました😆

Q.手放しコツはありますか?

A.「1年使わなかったら手放す」
という考え方がありますが…

整理収納の概念でいきますと「1年使わなかったら手放す」
という考え方がありますが…

これって、なかなか難しいですよね😅

一方で

「自分が必要だと思うものは無理して捨てる必要はない」

という概念もあります🤔

【有料級】やすよ式☆手放しワーク「虫の目・鳥の目・魚の目」

【虫の目・鳥の目・魚の目】という手放しワークご紹介したいと思います!

元々は、人生論やビジネスの現場で用いられる言葉なんですが

片付けでも応用可能だと思いこのワークを思いつきました♪


※言葉に出したり、紙に書いてもOKです!

例)「タンスを手放したい」という時

①「虫の目」でみてみましょう。

1虫の目

虫の世界なので、ミクロな視点で物事を見ている状態です。

「どうして、私はこのタンスを捨てられないんだろう?
どんな思い出があるんだろう。ここの取手の金具は気に入ってるな。
引き出しがあけずらくなって使わなくなったな」

など、つぶさに一つ一つ言葉に出してみて下さい。

②「鳥の目」でみてみましょう。

2鳥の目

上空から見下ろす鳥のように、全体を俯瞰で捉えてみましょう。

自分がふわっと空に浮かんだつもりで、家の中をスケルトンの模型を眺めるように家全体を見回すイメージを持ってみて下さい。

「あのタンスがなくなったら、部屋ってこれくらい広くなるよな?
逆に、本当にこのタンスは捨てないといけない?まだ部屋にスペースはあるしな?
いや、待てよ?このタンスより、使っていないベットがなくなった方が部屋広くなるんじゃない?」

など、家の中全体を俯瞰して見回してみて下さい。

③「魚の目」でみてみましょう。

3魚の目

魚は、潮の変化や水の流れを肌で感じながら暮らしています。

つまり、時代の変化を敏感に捉えて、先を読む未来思考の見方です。

「タンスをこのまま持ち続けていたら、この先どうなるか?
このタンスは今だと5,000円で引き取ってくれるらしいけど、5年後だとどうだろう?
このタンスは、再び手にいれられるかな?」

など考えてみましょう。

④決断しよう

4決断

3つの視点でモノを捉えてみて

「よし!このまま持っておこう」
「いや手放そう」

と決断してください✨

もやもやが減り
ハッキリしてくるはずです‼️

初心者にはちょっと難しいかも

このワークお片付け初心者にはちょっと難しいです。

一人で決断せず、家族に聞いてみるのもいいです😊
悩んだ時は、ぜひプロにもご相談下さいね💕

↓やすよのお片付けサービスをみてみる

オンラインレッスン詳細➡︎ https://yasuyosan.com/lesson/

出張サービス詳細➡︎ https://yasuyosan.com/houmon/

今回でラスト😭

毎月第四木曜日の栗原・かくもとさんのコンビは今月いっぱいということで
ご一緒するのは、最後になってしまいました😭

2021年3月からこのコーナーが始まり
とっても楽しい時間を過ごすことができました🥺

ありがとうございました✨

やすよのお片付けコーナーは来月も継続させていただく予定です!

みなさま、引き続きよろしくお願いします🙇‍♀️

リクエスト曲は

「さよなら大好きな人」花*花

ご一緒するのが最後だと知った時に
私の頭の中に流れてきました🥺

またお会いできる日を楽しみにしています💓

その他、「捨てられない」について
お話ししてます🤗

本日放送分は1週間
radikoにて全国で聴けます!
よろしくお願いします🥰

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

ひるかラ!MIX | NBC長崎放送
http://radiko.jp/share/?t=20210923132940&sid=NBC

#radiko

  • この記事を書いた人

yasuyosan

2児のママ。 ズボラ系整理収納アドバイザー/スピ系カウンセラー/時々webデザイナーとしてのパラレルキャリア実践中。 ブログでは、お気に入りアイテムやサービスを紹介しています。

-お片付けQ&A, 片付け上手&できる思考

© 2021 長崎・諫早|暮らしと人生を整える、やすよのお片付け教室 Powered by AFFINGER5